NEWS
活動情報

IWATANI Coaching LIVE 岩谷篤人氏の「派遣指導記録」

DIARY

2013.12.05
第3回 岩谷蹴球塾 in 新横浜

12月2日(月)に、新横浜にあります港北スポーツセンターの第一体育館と研修室にて第3回岩谷蹴球塾が行われました。

今回の議題テーマは

①岩谷さんのトレーニングについて
②ビルドアップ(自陣から)
③攻撃の崩し
④守備の速さ

関東開催になるとやはり、去年の野洲の試合を見に来ていただいていた方々が多く見られました。

よって野洲に関しての質問が多かった様に思います。

今回の参加者は総勢24名

image (4)

半分はFUJの会員ではない方々にお集まりいただきました。
本当にありがとうございます!

さて、今回の第3回岩谷蹴球塾ですが、

岩谷さんのトレーニングについては、前回の第2回熊本開催の時と同じ議題でしたが、岩谷さんは来ている方々のカテゴリーを聞いて人数を把握してからお話してくださいました。

どちらかと言えば4種カテゴリーの指導者の方が多かったので、そちら寄りのトレーニングについての話だったように思います。

パスがつながらない時の練習での考え方、ワンタッチでの練習、広くコートを使う練習、リフティングでのゲームなど各シーンを設定し、その時についての事を事細かに説明や指導のスタンス、こだわりなどをお話していていただきました。

image (5)

②ビルドアップについても、岩谷さんの独自の感覚を話していただきました。

挙げると、ビルドアップ、、、ビルを作る。ビルなら上より下が大事。攻撃はビルの形。etc

今回のテーマの流れは一応決まっていたのですが、③と④についてはビルドアップから繋がる部分もあり、同時に進行しながら③④の要素が入り込んだ話の進み方となりました。

その説明の流れの中心は、去年の野洲に関連させながらのお話となった事が、来ている方々にとても浸透しやすかったのではないかと思います。

image (6)

場に合わせた話の持って行き方というのも、私達・執行部役員側も本当にすごいなぁと思いながら聞いていました。

残りの時間は、熊本同様に質疑応答になり、色々な質問が飛び交いました。

挙げると、4種における目で見るとは? 良いCBの育て方とは? 技術の修正力とは? 女性に対しての「愛してる」話w etc

聞いてる人が飽きないし、しかも心と頭に入ってくる話の持って行き方と抑揚の付け方、そしてこちらも段々熱くなってくるクライマックスと今回も本当に盛り沢山な岩谷蹴球塾となりました。

さらに懇親会も17名参加となり、夜遅くまで続きました。

ご参加の皆様、本当にお疲れ様でした!

さらに、指導に還元され継続されて、ご自身のチームの子供に変化が現れる様に頑張りましょう!

ありがとうございました!

ページトップへ戻る
会員案内 会員ログイン